FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月議会閉会

10月15日で9月定例会が閉会いたしました。

補正予算や条例、意見書議案など、
さまざまな案件があった議会でしたが、
新聞やテレビでは議会の終盤に共産党、県民クラブから提出された、
「県民から信頼される県議会の確立をめざす決議議案」が
注目を浴びました。

この決議案は土佐電気鉄道と暴力団に関する一連の問題に関して
土佐電気鉄道の元会長である西岡寅八郎県議に
社会的道義的責任を取ることを求めるものであり、
事実上の議員辞職勧告決議とも言える内容のものでした。

同じ自民党会派の中でも、この決議案には賛否があり、
「一連の行動からすれば当然、社会的道義的責任を取るべき」
という県民の声に応えようとする意見。
そして一方では、
「判断材料がまだ曖昧な状況で責任を求めるのは整合性が取れない」
といった法的解釈を尊重する意見等があり、
私が議員になって初めて、会派として自主投票となりました。

今回の決議が可決しても法的拘束力もなく、
結局は本人の自主性にゆだねられる事になります。

そこで私は、決議案の趣旨には賛同するところでありましたが、
この問題の解決に向け、議会として真相究明を行うためにも、
全会一致で賛成できる内容の決議に修正すべきと行動を起こしました。

西岡議員の一連の行動に対して、
新聞や報告書からの情報はあっても
議会に対しては未だ本人からの説明や
当事者である土電からの報告は何もありません。

また、決議の前日には西岡議員の政務調査費の一部が
土電から支給された交通費と二重で請求されている事実も報道され、
その出張では元暴力団のお墓参りを行っていたということが判明しています。
このことに関しても単なる事務的なミスと言える内容では無く、
説明責任をしっかり果たさなければなりません。

しかし実際に修正案を提出するとしても、
この決議案がイレギュラーなタイミングで提出された事から時間の制約があること、
さらには皆さんの意見の相違や、他会派からの提出に対する賛同が必要な事など、
小さな針の穴に糸を通すような作業が求められました。

前日まで出来る限りの調整を行いましたが、
結果として私の修正案は提出の許可を得ず、
会派では一旦、一致したものの廃案となりました。
修正案を提出した者として原案の議案には反対の立場を示しました。

今回の決議は賛成多数で可決されました。
しかし、一連の問題が解決されたものではありません。
ここからがスタートという気持ちで、
議会としても県民の信頼を得るべく、
しっかりと対応してまいりたいと考えています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakukato.blog113.fc2.com/tb.php/214-fa60d21b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

加藤漠

Author:加藤漠
昭昭和58年9月1日 
高知県宿毛市生まれ
乙女座 AB型

【経歴】 
<平成14年>
高知県立中村高校卒業
<平成18年>
福岡大学・商学部卒業
<平成18年>
大阪で会社員勤務
<平成20年>
東京で衆議院議員・公設秘書
(国会事務所勤務)
<平成23年>
高知県議会議員初当選
(宿毛・大月・三原地区)


【自己紹介】
<趣味>
サッカー、ランニング、読書
<好きな言葉>
成功の要諦は、成功するまで続けるところにある

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。